ライオンズクラブ国際協会100周年記念 -  受益者数18,300万人
メイン・コンテンツへジャンプ
ライオンズ100 ライオンズ100
フッターへジャンプ

100周年補助金プログラム

100周年補助金プログラム

section

(準地区を除く複合地区と、単一地区向け)

ライオンズクラブ国際協会は、地域で開催される100周年記念企画や祝賀行事の充実のため、複合地区と単一地区に補助金を提供しています。   補助金は、ガイドラインに基づき複合地区内の地区一つにつき1,500ドルを超えないものとされます。地区の数がどんなに多くても、一つの複合地区が受け取れる最高額は15,000ドルです。単一地区(複合地区に属していない)の場合は、2,500ドルまでを受給できます。

100周年記念補助金は、複合地区/単一地区全体で行われるプログラムを推進するものでなくてはならず、申請の先着順に審査されます。この補助金の目的は、2015年7月1日から2018年6月30日までの100周年記念期間中に、ライオンズとライオンズのプログラムに対する社会一般の認知度を高めようとする複合/単一地区の活動を支援することです。

補助金の申請書は、ライオンズクラブ国際協会のPR部門に提出する必要があります。ライオンズクラブ国際理事会のPR委員会が、定期的に予定されている理事会会議(1年に3回開催)において補助金申請書を審査した上で、理事会に承認を提案します。  

交付基準

補助金の対象となるプログラムは、複合地区/単一地区全体に影響が及ぶものでなければなりません。複合地区/単一地区内のクラブの参加率が高いプログラムが重視されます。補助金は、100周年に関連する目的にのみ使用されなければなりません。  

その他の条件

  • 複合地区及び単一地区が受給できる補助金は1件限りです。 
  • 米国及び米国領の場合は、W-9フォーム(納税者番号確認書)に記入する必要があります
  • 最高15,000ドルまでの補助金が認められます(単一地区の場合は2,500ドルまで)。ただし、20%のマッチング資金拠出を条件とします。
  • 複合地区の場合、協議会議長は複合地区内の地区ガバナー全員の同意を得た上で、申請書に署名しなければなりません。プログラム委員長も申請書に署名する必要があります。単一地区の場合は、地区ガバナーと複合地区100周年記念コーディネーターが署名する必要があります。
  • 100周年記念委員長は、事業終了後30日以内に、詳細を記した事業後の報告書をライオンズクラブ国際協会PR部長宛に提出しなければなりません。この報告書には協議会議長と100周年記念委員長の署名(単一地区の場合は、地区ガバナーと100周年記念委員長の署名)が必要です。事業報告書に必要な内容は下記のとおりです。
    • 複合地区または単一地区におけるライオンズのイメージへの影響など、プログラムがもたらした結果。
    • 経費の領収書を添えた経費の使途の詳細、すべての活動に関わる資料のコピー、印刷物類、その他プログラム実施にまつわるあらゆる書類。
    • プログラムに関する詳しい評価。

section

トップへジャンプ